「茶道教授 藤戸ツネ」と書いた看板

「茶道教授 藤戸ツネ」と書いた看板のかかっている黒塀の門をはいるとき、恵理子はふり返らずにはいられなかった。再び青年が恵理子を見つめていた。恵理子は思い切って会釈をした。青年が軽く手をあげた。ただそれだけのことだった。が、恵理子の胸は急にふくらんだ。その青年には、いままで誰にも見たことのない何かがあった。それが何であるかを、恵理子は正確に言いあらわすことはできなかった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 駆けこむように家にはいってから、恵理子は自分の感情の動きにふっと笑い出したくなった。

  2. 恵理子と別れたのは、香也子が十歳のときだった。

  3. 「手があがったかね」コップにビールを注いでやりながら、容一がいう。

  4. 「香也子よ!」 保子は母のツネにささやいた。

  5. 「おばあちゃん。わたし、お母さんのいうことわかるわ。わたしだって香也ちゃんやお父さんが懐かしいわ」 恵理子が助け舟を出す。

  6. つんとする香也子に、容一はいった。