恵理子は誰かの視線を感じた。

と、そのとき、恵理子は誰かの視線を感じた。ポプラから離れて、ふと対岸を見ると、タンポポの群れ咲く岸に腰をおろしてじっとこちらを見ている青年があった。十メートル離れたこちらからも、その眉は秀でて見えた。白いワイシャツの姿が清潔な印象を与えた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 行く手の畔に立つ数本のイタリヤポプラを見た。

  2. 章子のボーイフレンドの金井政夫を、今日ははじめてわが家に呼んだのだ。

  3. そのときも、恵理子は焼却炉にゴミを捨て、いつものようにマッチで火をつけた。

  4. 客が帰ったあと、母はその客のさわったとおぼしきものいっさいの消毒をする。

  5. 今夜も庭つづきの崖の下から蛙の声が賑やかに聞こえてくる。崖下の沢には田んぼがあるのだ。

  6. 凞子はおそるおそる再び頬に手をやった。絹じゅすのような、曾ての肌理細かな頬とは、似ても似つかぬ手ざわりに、凞子は唇をきっとかんだ。