イタリヤポプラの下までくると、恵理子はポプラの幹によりかかって、まだ真っ白い大雪山を眺めた。

イタリヤポプラの下までくると、恵理子はポプラの幹によりかかって、まだ真っ白い大雪山を眺めた。透明な青空の下に、大雪山は新雪のように純白に見えた。街から帰ってくる時々、恵理子はこうして、そのすらりとした肢体をポプラの幹にもたせて、大雪山を眺める。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 容一は、恵理子の高校の卒業式に扶代にかくれて出席した。

  2. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。

  3. 香也子が、本当に生みの母を慕っているかどうか、容一には疑問である。

  4. 「あの……」追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。

  5. そうかしら。女はただの顔見知りの人に、あんなに顔を赤くはしないわ。

  6. 神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。