あのポプラの右手に

あのポプラの右手に、恵理子の家があるのだ。
恵理子は土手の端の柔らかいよもぎをちぎって、形のいい鼻に近づける。よもぎの新鮮な、鋭い香りが恵理子は好きだ。恵理子はよもぎを手に持ったまま、ゆっくりと歩いて行く。買物袋の中には、頼まれもののスーツの生地がはいっている。恵理子は洋裁で家計を助けているのだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. ほうっと、また溜息をついた時、先程の騎馬であろうか。再び地ひびきを立てて塀の外を駈け過ぎて行った。

  2. 新芽のけぶる木の間越しに、旭山の裏手の山々が見える。

  3. 神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。

  4. 「西島さん、やっぱり姉のこと、好きみたいね。姉も不幸せなのよ。あなたが幸せにしてくださったら、うれしいわ」

  5. 2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも楽しめるように

  6. 車はいつのまにか、高砂台から観音台につづく、馬の背に似た丘の尾根を走っていた。