最優秀賞を受賞された方へ  深川麻衣

◆自分を信じる心がかなでるハーモニー『今日からは、あなたの盲導犬』を読んで
〈小学3年 波多 美理愛〉へのコメント

この本に出会ったことがきっかけで波多さんが得たものや、心の変化がとても真っ直ぐな言葉で綴られていました。
本を読んで生まれた、「もっと知りたい」という気持ちや探究心。
それをそのままにするのではなく、実際に行動に移し、自分の身体と心で体験して、波多さんのフィルターを通して書かれた作文だからこそ、読む人の心にもストンと言葉や想いが入ってくるのだと思います。
人と盲導犬が本当のパートナーになるために大切な「自分を信じる気持ち、お互いを信じる気持ちを持つこと。」
これは簡単なようでとても難しいことだと私も思います。未来は見ることはできません。でも、きっとより良い方向へ変化していくはずだと、最後の波多さんの言葉の力強さに、明るい光を見ることができました。
この作文を通して、「知りたい」という気持ちこそが「伝える」ことへの第一歩なんだと教えてもらえました。

◆私の道 課題図書『道ありき』
〈中学3年 豊田 花奈〉へのコメント

「自分自身に正直に生きるのはとても難しい。」「私は今まで大人になりたくなかった。」素直で等身大な言葉が胸に刺さり、とても引き込まれました。
私も三浦綾子さんの小説を原作とした朗読劇をさせていただいたとき、三浦さんが紡ぐ言葉が持つ力に何度も支えられていました。豊田さんの作文を読みながら、三浦綾子さんが綴る言葉の裏側に隠れた人柄や、芯の強さのルーツを一緒に辿らせていただいたような気持ちで、とても嬉しかったです。
私は今28歳で、もう十分な大人ですが、この作文を読んで改めて考えてみると、正直「大人」って何だろう?と少し考えてしまいました。
年齢の数字や外見というものは、意外と関係ないのかもしれません。
豊田さんが小説を通して見つけた強さの形。「自分で選択していくこと。」「責任を持つこと。」そういった内面の変化を重ねていくことが、きっと大人になることなんだろうと思います。

深川麻衣(ゲストコメンテーター)
三浦綾子記念文学館 第21回三浦綾子作文賞 2019(平成31)年

俳優。
2018年4月、『塩狩峠』原作の舞台「ふじ子の恋」で主演を務める。
深川麻衣オフィシャルブログ

関連記事

  1. 思いが集まり、力となって  石川千賀男

  2. 裸足のまま抱きしめてくれた  大西伸子

  3. 『氷点』と自殺 課題図書『氷点』  金光詩浦

  4. 自分を信じる心がかなでるハーモニー『今日からは、あなたの盲導犬』を読んで  波多美理愛

  5. 物語を〈聴く〉という、発見  田中綾

  6. 肋骨の小箱と手紙  森下辰衛