五月も十日に近い日曜の午後。

五月も十日に近い日曜の午後。
五分咲きの山桜が、初々しく咲く児童公園の前を過ぎて間もなく、藤戸恵理子は小又川の畔に出た。川といっても、幅一メートルほどの流れで、それでも両岸の間は十メートル余りある。五月の青い空を映して、川はきらめきながら流れている。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「ねえ、今日はそんなのんきな話じゃないのよ」

  2. 恵理子は洗面所を出ると、二階の自分の部屋にあがって行った。

  3. 「あの……」追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。

  4. 橋宮容一は、小料理屋菊天の一室に保子を待っていた。

  5. 二人はいつしか頂上に出た。頂上にはテレビ塔があった。

  6. 香也子は再び視線を姉の恵理子に戻した。