1996(平成8)年 6月18日:光世、綾子との出会いを感謝する

1996年6月18日(平成8年6月18日) 74歳
6月18日(火)、光世、以下のように日記に記す。

   六月十八日(火) 曇、午後小雨
 初めて出会った記念日。一九五五年から既に四十一年なり。奇しき導き、主の備え、感謝は尽きず。

『夕映えの旅人』「また逢う日まで」より

関連記事

  1. 2016(平成28)年4月1日(金)~6月28日(火):三浦綾子記念文学館展示「ほほ笑みの向こう側―三浦光世展―」

  2. 1977(昭和52)年4月1日:小説『海嶺』『千利休とその妻たち』取材旅行へ

  3. 2016(平成28)年6月18日:三浦綾子記念文学館において「ひらめき対談講座(全3回)」の2回目が開催

  4. 『光あるうちに 道ありき 信仰入門編』ミニ解説  森下辰衛

  5. 1996(平成8)年 4月1日(月):六十代の女性から文学館建設のためにと大金を渡される

  6. 2004(平成16)年4月1日:塩狩峠記念館にて昭和40年後半から50年代の塩狩駅の入場券や切符が展示