1989(平成元)年 6月18日:午後、佐治良三夫妻来宅

1989年6月18日(平成元年6月18日)  67歳
参照:「この病をも賜として』第1章「命を限りに咲く」
6月18日(日)、午後、佐治良三夫妻来宅。午前中佐治良三は留萌の福島恒雄の教会で奉仕し、車で2時間かけて来旭。※佐治良三は療養中の綾子にとってキリスト教に導いてくれた人の一人で、聖燈社の故・仲綽彦が主催するキリスト教誌「世の光」という4ページの月刊誌の巻頭に佐治良三の説教が掲載されていた。

関連記事

  1. 1982(昭和57)年4月1日:小説『青い棘』(学習研究社)刊行

  2. 肋骨の小箱と手紙  森下辰衛

  3. 三浦綾子・三浦光世の短歌  ―― 精読「アララギ」土屋文明選  田中綾

  4. 地域が生み育てた作家・三浦綾子  難波真実

  5. 1988(昭和63)年6月18日:午後、函館市にて講演「題不詳」

  6. 1925(大正14)年4月1日:支部沈黙、旭川市立大成尋常高等小学校に転任