1991(平成3)年6月18日:光世と出会った記念日。

1991年6月18日(平成3年6月18日) 69歳
『この病をも賜として』に以下の記述あり。

 三浦と初めて会った記念日。にもかかわらず昨夜、夜中より腹痛。三浦、朝八時から十一時までマッサージや手を当てて助けてくれる。午後、洋子秘書も手を当ててくれる。熱三十八度一分まで上がる。

三浦綾子『この病をも賜として』(角川文庫)第4章 空の色は「愛」の色より

関連記事

  1. 1996(平成8)年 6月18日:光世、綾子との出会いを感謝する

  2. 2010(平成22)年 4月1日~6月10日:三浦綾子記念文学館にて企画展「「氷点」から「銃口」まで 三浦文学「ゆたかな作品群」」が開催される。

  3. 1932(昭和7)年 4月1日:綾子小学4年生に進級。

  4. 2015(平成27)年 4月1日(水)~6月29日(月):三浦綾子記念文学館2階第4展示室にて企画展「『道ありき』 “生きる” とは」が開催される

  5. 1989(平成元)年 6月18日:34年前の光世との出会いを回想

  6. 1984(昭和59)年6月18日 :『三浦綾子作品集 第十一巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世宛の献辞を書く