1984(昭和59)年6月18日 :『三浦綾子作品集 第十一巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世宛の献辞を書く

1984年6月18日(昭和59年 6月18日) 62歳
6月18日、『三浦綾子作品集 第11巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世への献辞を書く。

「泣く者と共に泣け」
光世さんの育てられた家庭に流れる「聖なる気」が
この小説を産み出してくれたと感謝しています
1984・6・18 三浦綾子 耕作のモデル 光世様

『遺された言葉』より

関連記事

  1. 1996(平成8)年 4月1日(月):六十代の女性から文学館建設のためにと大金を渡される

  2. 1991(平成3)年6月18日:光世と出会った記念日。

  3. 1934(昭和9)年4月1日:綾子、旭川市立大成尋常高等小学校6年生に進級。

  4. 1982(昭和57)年4月1日:小説『青い棘』(学習研究社)刊行

  5. 2016(平成28)年4月1日(金)~6月28日(火):三浦綾子記念文学館展示「ほほ笑みの向こう側―三浦光世展―」

  6. 1967(昭和42)年6月18日:名寄と下川で講演