1984(昭和59)年6月18日 :『三浦綾子作品集 第十一巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世宛の献辞を書く

1984年6月18日(昭和59年 6月18日) 62歳
6月18日、『三浦綾子作品集 第11巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世への献辞を書く。

「泣く者と共に泣け」
光世さんの育てられた家庭に流れる「聖なる気」が
この小説を産み出してくれたと感謝しています
1984・6・18 三浦綾子 耕作のモデル 光世様

『遺された言葉』より

関連記事

  1. 1989(平成元)年 6月18日:34年前の光世との出会いを回想

  2. 1942(昭和17)年4月1日:綾子、尋常科一年生の受け持つ

  3. 2004(平成16)年4月1日:塩狩峠記念館にて昭和40年後半から50年代の塩狩駅の入場券や切符が展示

  4. 2010(平成22)年 4月1日~6月10日:三浦綾子記念文学館にて企画展「「氷点」から「銃口」まで 三浦文学「ゆたかな作品群」」が開催される。

  5. 2016(平成28)年6月18日:文芸評論家・久保田暁一の告別式

  6. 1955(昭和30)年6月18日:三浦光世との出会い