1984(昭和59)年6月18日 :『三浦綾子作品集 第十一巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世宛の献辞を書く

1984年6月18日(昭和59年 6月18日) 62歳
6月18日、『三浦綾子作品集 第11巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世への献辞を書く。

「泣く者と共に泣け」
光世さんの育てられた家庭に流れる「聖なる気」が
この小説を産み出してくれたと感謝しています
1984・6・18 三浦綾子 耕作のモデル 光世様

『遺された言葉』より

関連記事

  1. 2015(平成27)年 4月1日(水)~6月29日(月):三浦綾子記念文学館2階第4展示室にて企画展「『道ありき』 “生きる” とは」が開催される

  2. 1976(昭和51)年6月18日:「題不詳」北海道大樹町にて講演。

  3. 2016(平成28)年4月1日(金)~6月28日(火):三浦綾子記念文学館展示「ほほ笑みの向こう側―三浦光世展―」

  4. 『遺された言葉』ミニ解説  森下辰衛

  5. 1970(昭和45)年4月1日:HBCテレビ「三浦綾子の今日のひとこと」放送開始

  6. 1997(平成9)年 4月1日:「三浦綾子記念文学館」が財団法人、三浦綾子記念文化財団として設立認可が下りる。