1984(昭和59)年6月18日 :『三浦綾子作品集 第十一巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世宛の献辞を書く

1984年6月18日(昭和59年 6月18日) 62歳
6月18日、『三浦綾子作品集 第11巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世への献辞を書く。

「泣く者と共に泣け」
光世さんの育てられた家庭に流れる「聖なる気」が
この小説を産み出してくれたと感謝しています
1984・6・18 三浦綾子 耕作のモデル 光世様

『遺された言葉』より

関連記事

  1. 1988(昭和63)年6月18日:午後、函館市にて講演「題不詳」

  2. 2017(平成29)年 6月18日(日):三浦綾子記念文学館にてミニシアターを上映

  3. 2016(平成28)年4月1日(金):三浦綾子著『国を愛する心』(小学館新書)発売。

  4. 1989(平成元)年 6月18日:34年前の光世との出会いを回想

  5. 1942(昭和17)年4月1日:綾子、尋常科一年生の受け持つ

  6. 2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも楽しめるように