1976(昭和51)年6月18日:「題不詳」北海道大樹町にて講演。

1976年6月18日(昭和51年6月18日) 54歳
6月18日、「題不詳」北海道大樹町にて講演。直前に息苦しさを覚える。帰宅後、主治医の佐藤永一の診察を受ける。診察の結果、静養すれば大丈夫とのことだったが、ショックで仕事部屋を2階から1階に移す。
『明日をうたう――命ある限り』第二章「心臓発作」参照

関連記事

  1. 2008(平成20)年 4月1日:「ほんとうにこわい嫁・姑4月号増刊 15の感動クライマックス」vol.8(宙出版)に「氷点―第3章―」が掲載される。

  2. 2016(平成28)年4月1日(金):三浦綾子著『国を愛する心』(小学館新書)発売。

  3. 1942(昭和17)年4月1日:綾子、尋常科一年生の受け持つ

  4. 1996(平成8)年 6月18日:光世、綾子との出会いを感謝する

  5. 2017(平成29)年4月1日(土)~5月28日(日):三浦綾子記念文学館2階第4展示室にて「春のおもしろ企画展 三浦綾子が愛した食・三浦文学で孫育て」が開催。:

  6. 1925(大正14)年4月1日:支部沈黙、旭川市立大成尋常高等小学校に転任