と、その時電話のベルが鳴った。ハッとしたように章子が受話器を取った。 「もしもし、橋宮でございます。あら、政夫さん?」

と、その時電話のベルが鳴った。ハッとしたように章子が受話器を取った。
「もしもし、橋宮でございます。あら、政夫さん?」
とりすました声が、急に華やぐ。
「今日はもうお仕事終わったの? ええ……ええ……わたし? 何をしてたと思って?」
ちらっと章子は香也子を見た。
「……え? 政夫さんの好きなパウンドケーキよ。明日お届けするわ。……ええ……ええ」
あとはただ、相槌を打っているだけだ。香也子はパウンドケーキにスモールフォークを突き立てて口にいれた。クルミの香りが口の中にひろがる。
「ハイ……ええ、でも……いえ、それはいいの……ただ、そうはいかない。……え? ……いいえ、香也子さんがいらっしゃるわ」
章子は声をひそめる。
「ハイ、じゃ、またあしたね、おやすみなさい」
切ろうとした時、いつのまにか傍にきていた香也子の手が、さっと受話器を奪った。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 九」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 恵理子は器用に、スーツの裾をまつっていく。驚くほどの早さであり、驚くほどのうまさである。グリーンのこのスーツの主は、高校時代の友人だ。

  2. 「ね、お父さん。で、もう決まってしまったの」

  3. ツネの眉が、けわしく上がっている。恵理子はふっと、わが祖母ながら、芝居に出てくる小意地の悪い奥女中を見る感じがして、ツネから目をそらせた。

  4. 「いま、お兄さん、好きな人ができたらって、おっしゃったわね。じゃ、その好きな人がお兄さんだったら、どうするの」 「え?」

  5. 正式に保子と別れてからは、電話はおろか、葉書一枚きたこともない。

  6. この道はめったに車は通らない。景色はいいが、あまり人に知られていない道なのだ。 「わたしねえ、こんな静かなところが好きなの」