香也子は、さっきからだらだらとつづいている生さぬ仲のドラマを切った。

香也子は、さっきからだらだらとつづいている生さぬ仲のドラマを切った。この生さぬ仲のドラマは、継母もやさしければ、継子もやさしい。それが香也子には気にいらないのだ。人間が自分以外の他の者を、どうして愛せるだろうと、香也子は思っている。
容一が香也子をかわいいといっても、その愛さえも、香也子は信じていない。本当にかわいいのなら、どうして父と母は別れたのかと思う。父と母が別れたのは、つまりは子供より自分がかわいかったからではないかと、香也子は嘲笑したくなるのだ。男と女の愛も信じられない。この世に、いやというほど離婚があり、失恋があるというのに、どうして人々は、愛だの、恋だのと騒ぐのだろうと、香也子は思うのだ。いまは子殺しの時代だという。自分自身の身勝手な都合で、子供さえ殺す。そんな人間に、何が愛だ、何が恋だと、香也子は怒りさえ感ずるのだ。香也子には誰も信じられない。それなのに、いま見たテレビドラマは、継子継母が、お互いに思いやるドラマだ。馬鹿馬鹿しくてテレビを切った香也子に、章子は、
「あら、ごらんになっててもいいのよ」
と、おずおずという。
紅茶と、パウンドケーキをサイドテーブルにおいて、
「うまく焼けたかどうか、わからないけど」
と、章子は香也子の顔色をうかがう。
「章子さんのつくったものは、おいしいに決まっているわよ」
「あら、うれしいわ」
「だってもう五十本も焼いたじゃない? 五十本も焼けば、馬鹿だっておいしくできるわよ」
気にさわるドラマを見ていた腹だたしさで、香也子は機嫌がわるい。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 九」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. いつも家の中で洋裁をするか、祖母のお茶の稽古の手伝いをするだけの恵理子の生活は、ほとんど異性に接する機会のない生活だった。

  2. 神社のほうに、何かを囲んで人々が群れていた。その群れの中に和服姿の若い娘たちが二十人ほどいる。

  3. 「あなた、よかったわ、香也ちゃんに誘われて。旭川にこんなきれいなところがあるとは、知りませんでしたよ」

  4. 人々の視線は、再び茶席に戻っている。

  5. 車はいつのまにか、高砂台から観音台につづく、馬の背に似た丘の尾根を走っていた。

  6. その時、階段に静かに足音がして恵理子が茶の間にはいってきた。 「あら、もう三時? おばあちゃんお帰りなさい」