「ねえ、お姉さん」 残ったコップの水を一息に飲んで、香也子はテーブルに片ひじをおき、身を乗り出すようにしていった。

「ねえ、お姉さん」
残ったコップの水を一息に飲んで、香也子はテーブルに片ひじをおき、身を乗り出すようにしていった。
「わたしね、お茶の会に行ったでしょ。あの日、お母さんやお姉さんに会えると思ったら、うれしくてうれしくて仕方がなかったのよ。眠られなかったの」
「まあ」
恵理子は膝の上の、スーツと同色のブルーのハンケチを、キュッと握りしめながら香也子を見た。
「行ってみたら、お姉さんがお茶を点てていたでしょう。すごくきれいで、それで、うれしくて……それなのにお父さんたら、パッと逃げ出したの。わたし思わず、お父さん! って呼んじゃった」
「まあそうだったの」
うなずく恵理子のいいようもない優しさを、香也子は嫉妬しながら見つめていった。
「お姉さんのつけさげ、すてきだったわ。あの人がわたしのお姉さんよって、誰にでもいいふらしたかったわ」
「あら、どうしましょう。香也ちゃんったら」
姉らしい微笑だった。この姉の何に自分はかなわないのだろう。香也子は腹の底で、、冷静に恵理子を見つめながら、運ばれてきたワンタンに胡椒をふった。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 八」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「あら、そう。まだ恋人ってわけじゃないの。そうなの」

  2. 金井はいま、思いきって橋宮容一に、章子との交際を求めたばかりなのだ。

  3. ふっと恵理子は時計を見た。もう十二時半だ。川向こうを見る。やはり青年はきていない。と、その時、「恵理子、お電話よ」 と呼ぶ、母の保子の声がした。

  4. 「式のことだがねえ、金井君」 そんないきさつを知る筈もなく、容一がいった。

  5. 金井政夫は、運動ならスキーでも、野球でも、ホッケーでもやるといった感じの、スポーツ青年に見えた。

  6. 「いつかねえ、旭山で恵理子のきもの姿を見たよ。いい娘になったね」 「…………」 「どうだね、一度お父さんと食事でもしないかね」 「……ハイ……でも」