容一がそういったとき、幼い頃、散歩に手を引いてくれた父の手の感触が、ふっと思い出された。

容一がそういったとき、幼い頃、散歩に手を引いてくれた父の手の感触が、ふっと思い出された。それは親たちの離婚によって、父から遠ざかっていった恵理子の心を昔に戻すものであった。父と思えなかった人が、父に思われた。他に女をつくった不潔な男性であった筈だが、いまは血の通う分身に思われた。それは、自分の心の底にかくされた願いをいい当て、それを受けいれてくれたからかもしれない。ともに住んでいる母でさえ、一度もいったことのない自分の夢を、この父は、遠くに住んでいながら、わかってくれた。そんな思いだった。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 七」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「あら、そう。まだ恋人ってわけじゃないの。そうなの」

  2. その翌日のことだった。保子にいわれて、恵理子はゴミを焼きに外に出た。

  3. 「どうした。コーヒーを飲まないのかい」

  4. 章子のボーイフレンドの金井政夫を、今日ははじめてわが家に呼んだのだ。

  5. あの時よりいちだんと娘らしくなった恵理子が、顔をうつむけて茶を点てている。

  6. 「少し白髪が……」と、保子はやさしく容一を眺めた。