「わたし、あまり得意なものがないんです」 「そうでもないんですのよ。人様のスーツや、オーバーを縫いますしね。お茶も、将来はおばあちゃんのあとを継げるんじゃないですか」

「わたし、あまり得意なものがないんです」
「そうでもないんですのよ。人様のスーツや、オーバーを縫いますしね。お茶も、将来はおばあちゃんのあとを継げるんじゃないですか」
「ほほう、たいしたもんだ」
前に保子に会って聞いていたことを、容一はいまはじめて聞くような顔でうなずき、
「どうだね、恵理子。お前、洋裁店でもひらいてみたくはないかね」
「思いますわ」
思わず恵理子の声が弾んだ。恵理子は高校を卒業して、洋裁学校に学んだ。その頃から、洋裁店をひらいてみたいという夢をもっていた。大きくなくてもいい。きれいな、透きとおるショーウインドーの中に、自分の好きな布地で、自分の好きな形にデザインしたドレスやコートなどを飾る店を持ちたかった。が、そんなことは、ツネと保子との生活の中では、いいだしても仕方のないことに思われて、語ったことはなかった。
「ほう、やりたいかね。やりたけりゃ、お父さんが応援するよ」

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 七」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、

  2. 「ご機嫌いかがですかな、香也子嬢」

  3. 扶代と章子の手を引いて、あわてて逃げ出す容一を、 「お父さん!」 と呼んだ香也子の声は、かん高かった。

  4. 恵理子は焼却炉のそばを離れたかったが、燃えつきるまでそばについているように、常々保子からいわれている。

  5. 父の橋宮容一は、後妻の扶代と、そのつれ子の章子を家にいれた。

  6. そのときも、恵理子は焼却炉にゴミを捨て、いつものようにマッチで火をつけた。