「いつかねえ、旭山で恵理子のきもの姿を見たよ。いい娘になったね」 「…………」 「どうだね、一度お父さんと食事でもしないかね」 「……ハイ……でも」

「いつかねえ、旭山で恵理子のきもの姿を見たよ。いい娘になったね」
「…………」
「どうだね、一度お父さんと食事でもしないかね」
「……ハイ……でも」
「そこにおばあちゃんがいるのかい。おばあちゃんは、木曜日は留守の筈だが」
いつのまにそんなことを父は知ったのだろう。いま、母がそう告げたのだろうか。とまどいを感じながら、
「いま、母だけですけれど……」
「じゃ、どうだね。お母さんと街まで出てこないかね、十五分もあったら出てこれるだろう」
「ハイ、あの、香也ちゃんも一緒ですか」
「いや、香也子は、今日は一緒じゃないが」
「香也ちゃんも呼んでください。そしたら……参ります」
「いや、香也子にも会わせたいんだがね、あの子のことでも話があるんだ。今日はお父さんとお母さんの三人でもいいだろう」
「ちょっとお待ちください」
恵理子は、うしろにいる保子をふり返った。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 六」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 正客への茶を点て終って、恵理子はいま、次の客への茶を点て終っていた。

  2. 「もうぼくに用事がなければ失礼します」西島はきっぱりといった。

  3. 「ああ、お父さんだ」 のんびりとした容一の声がした。

  4. 中学に入学するとき、恵理子はセーラー服をつくってもらった。

  5. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。

  6. 客が帰ったあと、母はその客のさわったとおぼしきものいっさいの消毒をする。