ふっと恵理子は時計を見た。もう十二時半だ。川向こうを見る。やはり青年はきていない。と、その時、「恵理子、お電話よ」 と呼ぶ、母の保子の声がした。

ふっと恵理子は時計を見た。もう十二時半だ。川向こうを見る。やはり青年はきていない。と、その時、
「恵理子、お電話よ」
と呼ぶ、母の保子の声がした。恵理子は針を針さしに刺して、部屋を出た。下に降り、
「どなたから?」
と尋ねたが、
「ま、出てごらんなさいよ」
と、保子は意味ありげに笑った。今日は木曜日で、ツネの出稽古の日だ。何となく、恵理子は青年の顔を思い浮かべて、受話器をとった。
「もしもし、あのう、恵理子ですけれど」
「おお、恵理子かね。わたしだよ。わかるかね」
やわらかい中年の男の声だった。恵理子は一瞬息をのんでから、
「わかります」
と、低く答えた。「お父さん」と呼んでいいものか、悪いものか、うしろにいる母の保子を思うと、恵理子にはわからなかった。
「おお、わかったか。覚えていてくれたかね、お父さんの声を」
懐かしそうな橋宮容一の声だった。
「ハイ」
恵理子はやはり、母が気になって何もいえなかった。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 六」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「あの……」追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。

  2. 青地に白の、水玉模様のこうもり傘をさして、香也子は小雨の外に出た。庭の牡丹がアララギの陰に華やかに咲いている。

  3. つんとする香也子に、容一はいった。

  4. 「これから一服を差しあげとう存じます」

  5. 恵理子は洗面所を出ると、二階の自分の部屋にあがって行った。

  6. 香也子は二人を見ると、ついと顔をそむけた。