「香也ちゃん」 たった一人の妹の名を、恵理子はそっと呼んでみる。

「香也ちゃん」
たった一人の妹の名を、恵理子はそっと呼んでみる。あの青年と並んで、ぎこちなく茶席についていた香也子が、たまらなく愛しい。馴れた席でもないのに、あの席につらなったのは、どんなに必死の思いであったろうと、恵理子は胸が熱くなる。それは、あの時のくいいるような香也子の激しいまなざしが、何よりもそれを語っているような気がする。実の母と実の姉を、どんなにか慕ってやってきたのだろうと思う。これも、あれ以来くり返し恵理子の心にかかることだった。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 六」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 正客への茶を点て終って、恵理子はいま、次の客への茶を点て終っていた。

  2. 子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。

  3. 車は次第に旭山に近づく。

  4. 「あのう、お姉さま」 凞子の傍らに八重は腰をおろした。

  5. 旭山は、恵理子たちの家から車で二十分ほどのところにある美しい小山である。

  6. あのポプラの右手に