「ハ、ぼくは章子さんのいいように」 と、金井は容一のほうに頭をさげた。その金井に香也子が何かいおうとした時、整がいった。

「ハ、ぼくは章子さんのいいように」
と、金井は容一のほうに頭をさげた。その金井に香也子が何かいおうとした時、整がいった。
「ね、香也ちゃん、一寸八分って書く姓があるの、知ってる?」
「一寸八分? 何て読むのよ」
「知らないだろう。カマツカ、カマツカだよ。五六と書いて何と読む?」
「知らないわ」
「フジノボリっていうんだよ」
「まあ! ほんと?」
「な、香也ちゃん。この世には苗字ひとつだっていろいろあるよな。色に摩擦の摩って書いて何と読む?」
「しきま?」
いってから、香也子は小山田をにらんだ。
「いや、シカマさ。だけどシキマって呼ばれて改姓したそうだけどね、名前は改めても、色魔ってのは、そう簡単になおらんからな」
香也子と金井にだけわかる言葉だった。が、容一はその三人の顔を順々に見つめた。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 五」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「ここの中華料理はうまいね。実はこの前の日曜日、うちに客があってね。中華料理の手づくりをご馳走したんだ。それが意外とうまくてね。お前たちに食べさせてやりたいと思ったもんだから……」 「どなたがおつくりになったの」

  2. 炎を見つめながら、恵理子はそのとき、そんなことを思っていた。

  3. 二十畳の応接間に、いま、橋宮容一と、その妻扶代、そして娘の章子が、英語塾を経営する金井政夫と談笑している。

  4. 「あのう、お姉さま」 凞子の傍らに八重は腰をおろした。

  5. 「ねえ、わたしたち三人は、水入らずよね。血が通っているんですもの。章子さんや小母さんとは、ちがうわよねえ」

  6. が、近ごろは、なぜか時おり父がふと懐かしくなる。