「式のことだがねえ、金井君」 そんないきさつを知る筈もなく、容一がいった。

「式のことだがねえ、金井君」
そんないきさつを知る筈もなく、容一がいった。
「ハッ」
金井は緊張した顔で箸をおいた。扶代はいつものように、のんびりした調子でジュースを注いでやる。
「九月の彼岸はどうかね、暑からず寒からずで……」
金井はちらりと香也子を見、小山田を見た。
「いいわね、お彼岸のころだと、章子さんも何を着てもいいころだもの」
ひどく明るい声だ。章子はうなずいて、
「ええ、わたしはいいけど、金井さんは」
と、はにかみながら金井を見る。
「ハ、あの、ぼくは、べつだん……しかし、もしかしたら、英語のテストの……何があるかもしれませんので」
しどろもどろに答えるのを、小山田が、
「ま、独身時代にはなるべく早く見切りをつけたらいいんじゃないの」
と、酢ブタに箸をのばす。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 五」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. ジンギスカン鍋をつついている者、輪になって歌をうたっている者、桜の花の下には、何十組とも知れぬ人の群があった。

  2. 容一がそういったとき、幼い頃、散歩に手を引いてくれた父の手の感触が、ふっと思い出された。

  3. 容一は立ちあがり、 「ま、この後は君たち二人で……な、扶代」

  4. 金井が、香也子の両頬を手で挟んだ。そしてそっと唇を近づけようとした時だった。うしろで、けたたましくクラクションが鳴った。

  5. そうかしら。女はただの顔見知りの人に、あんなに顔を赤くはしないわ。

  6. 玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、