金井が、香也子の両頬を手で挟んだ。そしてそっと唇を近づけようとした時だった。うしろで、けたたましくクラクションが鳴った。

金井が、香也子の両頬を手で挟んだ。そしてそっと唇を近づけようとした時だった。うしろで、けたたましくクラクションが鳴った。はっと金井はハンドルをとった。車がようやくすれちがうことのできる狭い道なのだ。あわてて金井は車を左に寄せたが、うしろから再びクラクションが鳴った。
「これだけ寄せれば通れるのになあ……」
ふり返ると、思いがけなく香也子の従兄の小山田整が、車から降りてきたところだった。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 四」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「まあ、きれい!」 思わず恵理子は声をあげた。

  2. 「ねえ、わたしたち三人は、水入らずよね。血が通っているんですもの。章子さんや小母さんとは、ちがうわよねえ」

  3. 「卓球ができれば、立派なもんですよ。わたしは自転車にも乗れない」

  4. 客が帰ったあと、母はその客のさわったとおぼしきものいっさいの消毒をする。

  5. 義父の容一にニヤリと笑われて、章子は耳まで真っ赤にした。

  6. 香也子がいった。 「あら、婚約じゃないの? まだ結婚するかどうか、わからないの」