この道はめったに車は通らない。景色はいいが、あまり人に知られていない道なのだ。 「わたしねえ、こんな静かなところが好きなの」

この道はめったに車は通らない。景色はいいが、あまり人に知られていない道なのだ。
「わたしねえ、こんな静かなところが好きなの」
さらに香也子の体が、金井によりかかった。
「香也子さん、もう少し離れてくださいよ」
「あら、どうして?」
香也子は目を見張って、金井を見た。
「どうしてって、運転ができませんからね」
「あら、だって、いま、車はとまってるじゃないの」
「それはそうですけれどねえ。しかし……」
「ねえ、お兄さん。お兄さんはもう章子さんとキスをしたの」
「…………」
黙って金井は、ポケットからタバコを出した。
「やっぱりなさったのねえ。いいわね、章子さん」
金井はタバコに火をつけて、雨にぬれた道端の笹の葉に目をやった。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 四」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「ここにいることが、よくわかったねえ」 香也子は容一の顔も見ずに、天井から吊りさげられたランタンに目をやって、

  2. 「これから一服を差しあげとう存じます」

  3. 「やっぱり、馬子にも衣装よ」

  4. 旭山は、恵理子たちの家から車で二十分ほどのところにある美しい小山である。

  5. 香也子が、本当に生みの母を慕っているかどうか、容一には疑問である。

  6. 玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、