車は火山灰地の白い丘の上を走って行く。 「ねえ、金井さん。いや、今日からお兄さんと呼ぼうかしら。いい? お兄さんと呼んでも」

車は火山灰地の白い丘の上を走って行く。
「ねえ、金井さん。いや、今日からお兄さんと呼ぼうかしら。いい? お兄さんと呼んでも」
「いいですよ」
金井はくすぐったい顔をした。
「わあ、うれしい。ね、お兄さん。内地はいまごろ梅雨ですってね。北海道は梅雨がなくっていいわねえ」
今日の雨は、梅雨のような感じだが、どうせ明日になれば、からりと晴れる雨なのだ。
「香也子さんは雨が嫌い?」
「あら、わたしがお兄さんと呼ぶんですもの。香也子って呼んでよ」
「香也子? それはどうもねえ。ぼくは女の人を呼び捨てにしたことがないんで……」
「でも、章子さんと結婚したら、章子って呼ぶんでしょう」
語尾が鼻にかかる。金井はちらりと横目で香也子を見、
「呼ぶかもしれません」
うっかり呼び捨てにするといえばこのわがまま娘は、自分をも呼び捨てにせよと迫るにちがいない。
「じゃ、仕方がないわ、香也子さんでも。でもいやだなあ、さんづけなんて、水臭くて」
「雨の日は嫌いですか、香也子さん」
「ううん、そうでもないの。じゃんじゃん雨が降って、この高砂台なんか、押し流されればいいと思うことがあるわ」
「こわいんだなあ、君は」
「あら、そうかしら。お兄さんは、雨降りは嫌い?」
「ぼくは、どちらかといえば晴れた日が好きですよ。車が汚れなくて助かりますからね」
「あーら」
香也子は顔をあげて笑った。が、次の瞬間、前よりももっと深く、金井の肩に頭をのせていた。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 三」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。

  2. 「式のことだがねえ、金井君」 そんないきさつを知る筈もなく、容一がいった。

  3. 二十畳の応接間に、いま、橋宮容一と、その妻扶代、そして娘の章子が、英語塾を経営する金井政夫と談笑している。

  4. 正門は重々しい鉄柵の門扉に閉ざされ、

  5. 「もしもし、お兄さん? わたしよ。香也子よ」 甘い声を香也子は出す。 「ああ、香也子さんですか。いけませんよ、章子さんのそばで電話をしたりしちゃ」

  6. 「馬子にも衣装って、ほんとうね、お父さん」  わざと香也子は無邪気にいう。