近づいてきた金井は、小さくクラクションを鳴らした。驚いたように香也子は目を見張り、車から顔を出した金井政夫をみつめた。

近づいてきた金井は、小さくクラクションを鳴らした。驚いたように香也子は目を見張り、車から顔を出した金井政夫をみつめた。
「あら、金井さん、もういらしたの」
「早かったかなあ」
金井は時計を見た。
「早いわよ。章子さん、いまお料理にとりかかったばかりよ。今日は中華料理を作るんですって。一時間は早いわよ」
「そうか。だけど、五時にくるっていう約束だったんだけどなあ」
「じゃ、ちょっとの間わたしと観音台のほうにでも行ってみない?」
傘をすぼめ、香也子はすばやく助手台のドアをあけた。
「ああ、そうしますか」
金井政夫はうなずいた。ドアがしまった。車は方向を変えた。
「ああ、うれしい。わたし、金井さんと一度ドライブしてみたかったのよ」
「え?」
「だって、わたし、金井さんがお兄さんのような気がするんですもの。章子さんとわたしは姉妹だから、章子さんと結婚する金井さんはお兄さんということよね」
あどけなく笑って、香也子は軽く頭を金井の肩にもたせかけた。香也子の態度が無邪気なので、金井は咎めるわけにもいかない。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 三」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「そうね、香也ちゃんのいうとおりね。香也ちゃんをひとりおいて、お母さんとわたし、橋宮の家を出てしまったのですものね」 うるんだ恵理子の声が返ってきた。

  2. 「ねえ、今日はそんなのんきな話じゃないのよ」

  3. 茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。

  4. 「式のことだがねえ、金井君」 そんないきさつを知る筈もなく、容一がいった。

  5. 正式に保子と別れてからは、電話はおろか、葉書一枚きたこともない。

  6. クレンジングクリームをガーゼでぬぐい、化粧水をふくませた脱脂綿でごしごし拭いている時、ドアをノックする音が聞こえた。