菊天で容一に会った時、容一は保子の指に指輪のないのを見ていった。 「買ってやろうか」

菊天で容一に会った時、容一は保子の指に指輪のないのを見ていった。
「買ってやろうか」
「いいのよ、お茶をしてると、指輪は邪魔なの。茶器に傷をつけるから」
と保子はいったが、その手は、容一にそっと握られていた。その時の感触が、まだ保子の体に残っている。それは抱かれた感触のように強烈だった。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 二」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 幾折れもの道が木立をぬって頂上へとつづいている。

  2. 二月初めのある夕べ、凞子は突如悪寒がしたかと思うと、たちまち高熱を発して床に臥した。

  3. そこに、妻の扶代と章子がテラスから出てきた。

  4. 神社のほうに、何かを囲んで人々が群れていた。その群れの中に和服姿の若い娘たちが二十人ほどいる。

  5. 容一が保子の潔癖性に手を焼いたのは事実だった。

  6. 鳶の啼く声に、小山田整が空を見あげていった。