菊天で容一に会った時、容一は保子の指に指輪のないのを見ていった。 「買ってやろうか」

菊天で容一に会った時、容一は保子の指に指輪のないのを見ていった。
「買ってやろうか」
「いいのよ、お茶をしてると、指輪は邪魔なの。茶器に傷をつけるから」
と保子はいったが、その手は、容一にそっと握られていた。その時の感触が、まだ保子の体に残っている。それは抱かれた感触のように強烈だった。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 二」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 香也子がいった。 「あら、婚約じゃないの? まだ結婚するかどうか、わからないの」

  2. 「どうも、突拍子もない子でねえ。驚いたでしょう、金井君」

  3. 「やっぱり、馬子にも衣装よ」

  4. 「西島さん、やっぱり姉のこと、好きみたいね。姉も不幸せなのよ。あなたが幸せにしてくださったら、うれしいわ」

  5. むろん、いまの妻扶代の、善意でのびやかな性格もいい。

  6. 襖があいた。ふとったおかみが、 「社長さん、焼けぼっくいに火ですか」 と、銚子をテーブルに置いた。