「旭山の桜は、もうすっかり散ったでしょうね」 「何をいっているんだよ。一週間も前に散ったんじゃないのかい」

「旭山の桜は、もうすっかり散ったでしょうね」
「何をいっているんだよ。一週間も前に散ったんじゃないのかい」
保子は、何とか香也子のことをいいだそうとして、旭山の桜をもちだしたのだ。
「ね、お母さん。あの時香也子は、ほんとはわたしたちに会いたかったのじゃないかしら」
今度はさらりといえた。
「香也子? さあねえ。あの時の態度じゃ、恋しがってるとも見えなかったがねえ」
「いいえ、恋しかったのよ、あの子。でも、あの子だって立場上、素直に恋しいとはいえなかったのよ」
「そうかねえ」

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 二」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 鳶の啼く声に、小山田整が空を見あげていった。

  2. 「やっぱり、馬子にも衣装よ」

  3. 今夜も庭つづきの崖の下から蛙の声が賑やかに聞こえてくる。崖下の沢には田んぼがあるのだ。

  4. 香也子は、ひとくち汁をすすって、 「あ、そうそう。ね、お父さん。わたしね、あの時ボーイフレンドができたのよ。お茶席で、わたしの隣に正客になった人」

  5. 店内はひっそりとして客が二組ほどしかなかった。ま昼のせいだろう。容一、保子、恵理子の三人が、いちばん隅の席に向かい合っていた。 「いい娘になったねえ。まったくいい娘になった」

  6. つんとする香也子に、容一はいった。