「旭山の桜は、もうすっかり散ったでしょうね」 「何をいっているんだよ。一週間も前に散ったんじゃないのかい」

「旭山の桜は、もうすっかり散ったでしょうね」
「何をいっているんだよ。一週間も前に散ったんじゃないのかい」
保子は、何とか香也子のことをいいだそうとして、旭山の桜をもちだしたのだ。
「ね、お母さん。あの時香也子は、ほんとはわたしたちに会いたかったのじゃないかしら」
今度はさらりといえた。
「香也子? さあねえ。あの時の態度じゃ、恋しがってるとも見えなかったがねえ」
「いいえ、恋しかったのよ、あの子。でも、あの子だって立場上、素直に恋しいとはいえなかったのよ」
「そうかねえ」

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 二」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「ああ、お父さんだ」 のんびりとした容一の声がした。

  2. 「あなた、よかったわ、香也ちゃんに誘われて。旭川にこんなきれいなところがあるとは、知りませんでしたよ」

  3. 「そうね、わたしも料理学校に行こうかな。ね、お父さん、わたし、章子さんより先にお嫁に行きたいわ」

  4. テレビの中では、若い女性が海べに立って、去って行く男の姿を見つめている。

  5. 車はいつのまにか、高砂台から観音台につづく、馬の背に似た丘の尾根を走っていた。

  6. 神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。