「旭山の桜は、もうすっかり散ったでしょうね」 「何をいっているんだよ。一週間も前に散ったんじゃないのかい」

「旭山の桜は、もうすっかり散ったでしょうね」
「何をいっているんだよ。一週間も前に散ったんじゃないのかい」
保子は、何とか香也子のことをいいだそうとして、旭山の桜をもちだしたのだ。
「ね、お母さん。あの時香也子は、ほんとはわたしたちに会いたかったのじゃないかしら」
今度はさらりといえた。
「香也子? さあねえ。あの時の態度じゃ、恋しがってるとも見えなかったがねえ」
「いいえ、恋しかったのよ、あの子。でも、あの子だって立場上、素直に恋しいとはいえなかったのよ」
「そうかねえ」

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 二」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 客が帰ったあと、母はその客のさわったとおぼしきものいっさいの消毒をする。

  2. 恵理子と別れたのは、香也子が十歳のときだった。

  3. 容一は、恵理子の高校の卒業式に扶代にかくれて出席した。

  4. 「あの……」追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。

  5. 五月も十日に近い日曜の午後。

  6. 「まあ、すてき!」 崖ぶちのあずまやにはいった香也子が叫んだ。