出稽古から帰ってきたツネのきものを、保子はたたみながら、 「ねえ、お母さん」 と、顔を向けずにいう。

出稽古から帰ってきたツネのきものを、保子はたたみながら、
「ねえ、お母さん」
と、顔を向けずにいう。
この幾日か、保子はいいだす機会を狙っていた。下手にいいだしてはツネの機嫌をそこなう。ツネはふだん話のわかるほうだが、こと橋宮容一に対しては、かたくななほどにきびしい。
「なんだね。あ、これ島崎さんで、またいただいてきたよ」
きものを着替えて、文机の上においた小さな風呂敷包をあごで示す。その傍に、長谷川一夫のブロマイドがニッコリと笑っている。
「なんでしょう?」
「筋子だよ」
「まあ、いつもお高いものを……」
「あの奥さんは、気前がいいんだよ」
保子はビニール袋にはいった筋子を冷蔵庫にいれながら、話の腰を折られたような気がした。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 二」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「ねえ、今日はそんなのんきな話じゃないのよ」

  2. ひとしきり雑談のつづいたあと、言葉が途絶えた。

  3. 二人は顔を見合わせて、椅子に腰をおろした。 「これで第一関門はパスしたようだね」

  4. 「まあ、すてき!」 崖ぶちのあずまやにはいった香也子が叫んだ。

  5. 義父の容一にニヤリと笑われて、章子は耳まで真っ赤にした。

  6. 「香也子よ!」 保子は母のツネにささやいた。