「素顔のほうがきれいだよ、香也子」 「まさか」 化粧した顔のほうがきれいだと、香也子は信じきっている。

「素顔のほうがきれいだよ、香也子」
「まさか」
化粧した顔のほうがきれいだと、香也子は信じきっている。
「いやあ、若いお前さんは肌がいいんだ。なにも、べたくたつけて塗りつぶすことはないよ」
「高校生じゃあるまいし……このごろの、少し気のきいた子なら、化粧してるのよ、高校生だって」
と香也子は化粧の手をとめない。
「お父さん、何かご用?」
「用なんかないさ。お前の顔を見たかっただけさ」
香也子はニヤニヤして、
「ほかの男の人にそういわれたのならうれしいけれど、お父さんじゃしようがないな」
と、機嫌がいい。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 一」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「ご機嫌いかがですかな、香也子嬢」

  2. 人々の視線は、再び茶席に戻っている。

  3. 恵理子は焼却炉のそばを離れたかったが、燃えつきるまでそばについているように、常々保子からいわれている。

  4. 「どうした。コーヒーを飲まないのかい」

  5. 義父の容一にニヤリと笑われて、章子は耳まで真っ赤にした。

  6. 子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。