「素顔のほうがきれいだよ、香也子」 「まさか」 化粧した顔のほうがきれいだと、香也子は信じきっている。

「素顔のほうがきれいだよ、香也子」
「まさか」
化粧した顔のほうがきれいだと、香也子は信じきっている。
「いやあ、若いお前さんは肌がいいんだ。なにも、べたくたつけて塗りつぶすことはないよ」
「高校生じゃあるまいし……このごろの、少し気のきいた子なら、化粧してるのよ、高校生だって」
と香也子は化粧の手をとめない。
「お父さん、何かご用?」
「用なんかないさ。お前の顔を見たかっただけさ」
香也子はニヤニヤして、
「ほかの男の人にそういわれたのならうれしいけれど、お父さんじゃしようがないな」
と、機嫌がいい。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 一」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 義父の容一にニヤリと笑われて、章子は耳まで真っ赤にした。

  2. つんとする香也子に、容一はいった。

  3. ふだん香也子は、保子や恵理子の顔など、二度と見たくないといっている。

  4. 「ねえ、わたしたち三人は、水入らずよね。血が通っているんですもの。章子さんや小母さんとは、ちがうわよねえ」

  5. 二人は顔を見合わせて、椅子に腰をおろした。 「これで第一関門はパスしたようだね」

  6. 「卓球ができれば、立派なもんですよ。わたしは自転車にも乗れない」