「ああ、お父さんだ」 のんびりとした容一の声がした。

「ああ、お父さんだ」
のんびりとした容一の声がした。
「お父さん? 仕方がないわねえ」
立って行って、香也子はドアを開けた。紺のウールのきものを着流した容一が、パイプをくわえたままはいってきた。
「何だ。まだ起きたばかりか」
容一は、机の前の椅子に腰をおろす。
「ずっと前から起きてるわよ。お父さん今日会社に行かないの」
「日曜だよ、今日は」
容一にも、素顔の香也子は珍しい。
「あら、日曜日。そうね、そうだったわね」
勤めをもたない香也子は、時々曜日がわからなくなる。それでも、水曜日と金曜日のピアノの練習日だけは覚えているからふしぎだ。香也子は父にはかまわず、すぐにまた鏡に向かって乳液をつけはじめた。

三浦綾子『果て遠き丘』「影法師 一」

『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 香也子がいった。 「あら、婚約じゃないの? まだ結婚するかどうか、わからないの」

  2. 「馬子にも衣装って、ほんとうね、お父さん」  わざと香也子は無邪気にいう。

  3. 容一が保子の潔癖性に手を焼いたのは事実だった。

  4. 八歳のころから、母が家を出て行くまでの二年ほど、香也子は祖母のツネに茶を習ったことがある。

  5. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。

  6. 正式に保子と別れてからは、電話はおろか、葉書一枚きたこともない。