『光あるうちに 道ありき 信仰入門編』ミニ解説  森下辰衛

「道ありき」第三部信仰入門編。「氷点」で描かれた原罪=自己中心の罪から始めて、大きく人間とは、愛とは、神とはという構成をとりながら、「光あるうちに光の中を歩もう」と信仰にいざなうエッセイ。

連載 … 主婦の友1971年1月〜12月
出版 … 主婦の友社1971年12月
現行 … 新潮文庫・小学館電子全集

『光あるうちに』文庫本

『光あるうちに』小学館電子全集

関連記事

  1. 『足跡の消えた女』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『雪のアルバム』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『小さな一歩から』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『言葉の花束』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『この土の器をも 道ありき 結婚編』ミニ解説  森下辰衛

  6. 1955(昭和30)年6月18日:三浦光世との出会い