『孤独のとなり』ミニ解説  森下辰衛

「孤独のとなりに神がいる」と伝えたくてつけたという題の下に、「キリストの福音を伝えようとして書いているのだ」と語った「わたしはなぜ書くか」など、作家三浦綾子の前半期の生活と文学の心を伺うことのできるエッセイ集。

出版 … 角川書店1979年4月
現行 … 小学館電子全集

『孤独のとなり』小学館電子全集

関連記事

  1. 『小さな一歩から』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『北国日記』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『新約聖書入門 心の糧を求める人へ』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『雪のアルバム』ミニ解説  森下辰衛

  5. あいつを殺したのは誰だ! 天人峡で起きたスリル満点の愛憎劇『自我の構図』  難波真実

  6. 『私にとって書くということ』ミニ解説  森下辰衛