『孤独のとなり』ミニ解説  森下辰衛

「孤独のとなりに神がいる」と伝えたくてつけたという題の下に、「キリストの福音を伝えようとして書いているのだ」と語った「わたしはなぜ書くか」など、作家三浦綾子の前半期の生活と文学の心を伺うことのできるエッセイ集。

出版 … 角川書店1979年4月
現行 … 小学館電子全集

『孤独のとなり』小学館電子全集

関連記事

  1. ひと粒の麦、地に落ちて ― 長野氏は乗客を助けるために ―  難波真実

  2. 『銀色のあしあと 対談:星野富弘』ミニ解説  難波真実

  3. 『尾燈』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『壁の声』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『水なき雲』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『愛に遠くあれど 対談:三浦光世』ミニ解説  難波真実