『北国日記』ミニ解説  森下辰衛

重い疲労感と下血の中での西村久蔵伝執筆の日々、やがて直腸癌の診断が下り、手術を受け、死と向き合う体験の中から、ついに、癌は恵みであり、「神さまにえこひいきされている」とまで語る、日記形式のエッセイ。

連載 … 主婦の友1982年1月〜1983年7月
出版 … 主婦の友社1984年5月
現行 … 小学館電子全集

『北国日記』小学館電子全集

関連記事

  1. 『新約聖書入門 心の糧を求める人へ』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『ナナカマドの街から』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『夕映えの旅人 共著:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  4. 『忘れえぬ言葉 私の赤い手帖から』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『茨の蔭に』ミニ解説  森下辰衛

  6. ひと粒の麦、地に落ちて ― 長野氏は乗客を助けるために ―  難波真実