『白き冬日』ミニ解説  森下辰衛

夫光世、姉百合子、啄木、水野源三など、人生の旅路の中で出会いこころ打たれた短歌と歌人への思いを綴るエッセイ集。巻末には夫光世との合同歌集『共に歩めば』より再録された三浦綾子歌集が収められている。

連載 … ベルママン1982年5月〜1984年12月
出版 … 学習研究社1985年4月
現行 … 小学館電子全集

『白き冬日』小学館電子全集

関連記事

  1. 『岩に立つ』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『道ありき 青春編』ミニ解説  森下辰衛

  3. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。

  4. 『氷点』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『井戸』ミニ解説  森下辰衛

  6. 三浦綾子・晩年の小説『母』を読む ─ にびいろの海に映る夕陽 ─  難波真実