『忘れえぬ言葉 私の赤い手帖から』ミニ解説  森下辰衛

原題「私の赤い手帖から」。「必ず治ります。今しばらくの試練ですからね。」洗礼の日ギプスベッドで聞いた小野村先生の言葉は綾子に力と希望を与えた。春夏秋冬の四章の構成で忘れられない言葉について語るエッセイ。

連載 … マミイ1983年10月〜1987年11月
出版 … 小学館1988年1月
現行 … 小学館文庫・小学館電子全集

『忘れえぬ言葉』小学館文庫

『忘れえぬ言葉』小学館電子全集

関連記事

  1. 『井戸』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『壁の声』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『難病日記』ミニ解説  森下辰衛

  4. ひと粒の麦、地に落ちて ― 長野氏は乗客を助けるために ―  難波真実

  5. 『あのポプラの上が空』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『カッコウの鳴く丘』ミニ解説  難波真実