『生かされてある日々』ミニ解説  森下辰衛

日本基督教団出版局発行の「信徒の友」に連載された日記形式のエッセイ。「ちいろば先生物語」「夕あり朝あり」終盤から「母」「銃口」の構想準備、群馬県の星野富弘訪問などの1987~1989年を記す。

連載 … 信徒の友1987年4月〜1989年9月
出版 … 日本基督教団出版局1989年9月
現行 … 小学館電子全集

『生かされてある日々』小学館電子全集

関連記事

  1. 『嵐吹く時も』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『一日の苦労は、その日だけで十分です』ミニ解説  難波真実

  3. 『太陽はいつも雲の上に 共著:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  4. 『石の森』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『愛に遠くあれど 対談:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  6. 『片隅のいのち』ミニ解説  森下辰衛