『心のある家』ミニ解説  森下辰衛

「私たち人間は常に祈るしかない危機に立たされているのではないか」。日本基督教団月寒教会発行「祈りの細胞」での連載エッセイ、「北海道新聞」日曜版のリレーエッセイを中心に、愛と祈りについて語ったエッセイ集。

出版 … 講談社1991年12月
現行 … 小学館電子全集

『心のある家』小学館電子全集

関連記事

  1. 『毒麦の季』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『小さな郵便車』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『続泥流地帯』ミニ解説  森下辰衛

  4. 舞台となった塩狩峠 「天塩の国」と「石狩の国」の境  ― 当時は鉄道の難所だった ―  難波真実

  5. 『母』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『塩狩峠』のずばり“核心”に迫るQ&A  難波真実