『夢幾夜』ミニ解説  森下辰衛

著者が実際に見た夢の中から興味深いものを選んでそのまま記した夢日記。夢を探ることで自分を探り人間を探ってゆく作家としての仕事でもあり、また創作と作者の心の秘密の一端を示す資料にもなっている。

連載 … 短歌1977年5月〜1978年8月
出版 … 角川書店1993年1月
現行 … 小学館電子全集

『夢幾夜』小学館電子全集

関連記事

  1. 『片隅のいのち』ミニ解説  森下辰衛

  2. 三浦綾子・晩年の小説『母』を読む ─ にびいろの海に映る夕陽 ─  難波真実

  3. 『泉への招待 真の慰めを求めて』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『続泥流地帯』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『言葉の花束』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『太陽はいつも雲の上に 共著:三浦光世』ミニ解説  難波真実