2016(平成28)年4月1日(金)~6月28日(火):三浦綾子記念文学館展示「ほほ笑みの向こう側―三浦光世展―」

2016年4月1日(平成28年4月1日):
2016(平成28)年4月1日(金)~6月28日(火)、三浦綾子記念文学館展示「ほほ笑みの向こう側―三浦光世展―」で光世と綾子の出会いのきっかけとなった「いちじく」をはじめ、光世の短歌ノート、婚約式で綾子と取り交わした聖書、カバン、名刺入れ、優佳良織のスーツなど光世の愛用品、口述筆記の原稿、詰将棋を記した書館、小学校時代の答辞など80点余りが紹介される。あわせて資料整理中の三浦家で見つかった光世から綾子に宛てた封書やはがき11通の恋文も展示される。会期中三浦夫妻の写真約30点が並ぶ写真展も同時開催。主催:三浦綾子記念文学館。後援:旭川市、旭川市教育委員会、三浦綾子読書会、北海道新聞旭川支社、朝日新聞旭川支局、共同通信社旭川支局、読売新聞旭川支局、毎日新聞旭川支局、HTB旭川支社、あさひかわ新聞、NHK旭川放送局、HBC旭川放送局、UHB旭川支社、TVH旭川支社、旭川ケーブルテレビポテト、ライナーネットワーク。※光世が亡くなった当初、この企画展は「三浦光世の足跡」という仮題だった。

関連記事

  1. 2015(平成27)年 4月1日(水)~6月29日(月):三浦綾子記念文学館2階第4展示室にて企画展「『道ありき』 “生きる” とは」が開催される

  2. 2004(平成16)年4月1日:フォレストブックス編集部『三浦綾子に出会う本 改訂新版』(いのちのことば社)刊行。

  3. 2004(平成16)年4月1日:塩狩峠記念館にて昭和40年後半から50年代の塩狩駅の入場券や切符が展示

  4. 1970(昭和45)年4月1日:HBCテレビ「三浦綾子の今日のひとこと」放送開始

  5. 2014(平成26)年4月1日(火)~6月29日(日):三浦綾子記念文学館「『氷点』3連続企画展 追体験で味わう”『氷点』の聖地”見本林」が開催

  6. 1989(平成元)年 6月18日:午後、佐治良三夫妻来宅