1975(昭和50)年4月1日:帰旭予定だったが吹雪で電車が不通。

1975年4月1日(昭和50年4月1日) 53歳
遠軽から帰旭予定だったが吹雪で電車が不通。
※『明日をうたう――命ある限り』第一章「苦難をテーマに」参照。和田七郎の懇請で遠軽町長選の応援へ行っていたことが記されている。

関連記事

  1. 2017(平成29)年4月1日(土)~5月28日(日):三浦綾子記念文学館2階第4展示室にて「春のおもしろ企画展 三浦綾子が愛した食・三浦文学で孫育て」が開催。:

  2. 1942(昭和17)年4月1日:綾子、尋常科一年生の受け持つ

  3. 1989(平成元)年 6月18日:午後、佐治良三夫妻来宅

  4. 2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも楽しめるように

  5. 1984(昭和59)年6月18日 :『三浦綾子作品集 第十一巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世宛の献辞を書く

  6. 1997(平成9)年 4月1日:「三浦綾子記念文学館」が財団法人、三浦綾子記念文化財団として設立認可が下りる。