1942(昭和17)年4月1日:綾子、尋常科一年生の受け持つ

1942年4月1日(昭和17年4月1日) 20歳
新入学一年生の担任となる。尋常科一年生の受け持ちとなった綾子は、中山次二の担任になる(旭川啓明国民学校の教え子・中山美恵子、中山洋一の弟)。
「中山洋一さんのこと」『丘の上の邂逅』参照。

関連記事

  1. 2002(平成14)年 4月1日:和寒郵便局が塩狩峠記念館内に臨時郵便局を設ける

  2. 2016(平成28)年4月1日(金):三浦綾子著『国を愛する心』(小学館新書)発売。

  3. 1989(平成元)年 6月18日:34年前の光世との出会いを回想

  4. 2014(平成26)年4月1日(火)~6月29日(日):三浦綾子記念文学館「『氷点』3連続企画展 追体験で味わう”『氷点』の聖地”見本林」が開催

  5. 2016(平成28)年6月18日:三浦綾子記念文学館において「ひらめき対談講座(全3回)」の2回目が開催

  6. 2004(平成16)年4月1日:塩狩峠記念館にて昭和40年後半から50年代の塩狩駅の入場券や切符が展示