1932(昭和7)年 4月1日:綾子小学4年生に進級。

1932年4月1日(昭和7年4月1日) 10歳
旭川市立大成尋常高等小学校4年生に進級。4年生の頃の綾子の友人は以下の通り。
「綿屋の三輪昌子さん、銀行員の娘の笹井郁ちゃん(このふたりは前にも書いた)小学校教師の娘で、かしこく美しい野口千代さん、ベニヤ板製造会社の山田澄子さん、電話局長の娘、村山喜久子さん、裁判官の娘、柿本文子さん、生花の先生の娘の赤石君子さん、代書店の石原スミさんたちであった」
※「女学生の友」1967年9月号『草のうた』(p305参照)では石原スミと表記。石原寿みのこと。

関連記事

  1. 1989(平成元)年 6月18日:34年前の光世との出会いを回想

  2. 2001(平成13)年 4月1日:『三浦綾子小説選集5 続 泥流地帯・草のうた』(主婦の友社)刊行。

  3. 1977(昭和52)年4月1日:小説『海嶺』『千利休とその妻たち』取材旅行へ

  4. 1984(昭和59)年6月18日 :『三浦綾子作品集 第十一巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世宛の献辞を書く

  5. 1989(平成元)年 6月18日:午後、佐治良三夫妻来宅

  6. 1982(昭和57)年4月1日:小説『青い棘』(学習研究社)刊行