『難病日記』ミニ解説  森下辰衛

パーキンソン病の兆候を感じたとき、三浦綾子は「これが今年の神さまからのクリスマスプレゼントかしら」と言った。最後の大作『銃口』執筆半ばで発症したパーキンソン病との三年にわたる闘いを綴った日記形式のエッセイ。

連載 … 信徒の友1992年8月〜1995年3月
出版 … 主婦の友社1995年10月
現行 … 小学館電子全集

『難病日記』小学館電子全集

関連記事

  1. 『この重きバトンを』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『国を愛する心』ミニ解説  難波真実

  3. 『永遠のことば』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『夕あり朝あり』が映し出す 日本の近代〈戦争・災害・人権 ……〉  難波真実

  5. 『藍色の便箋 悩めるあなたへの手紙』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『生きること思うこと わたしの信仰雑話』ミニ解説  森下辰衛