『命ある限り』ミニ解説  森下辰衛

1964年7月10日、一千万円懸賞小説に「氷点」が当選。夫や秘書の協力を得て次々と生み出される初期の傑作。初めての歴史小説「細川ガラシャ夫人」に取り組んでゆく1974年8月までの10年の作家の成長を記した自伝。

連載 … 野生時代1995年1月〜12月
出版 … 角川書店1996年4月
現行 … 小学館電子全集

『命ある限り』小学館電子全集

関連記事

  1. 『自我の構図』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『塩狩峠』のずばり“核心”に迫るQ&A  難波真実

  3. 『明日をうたう 命ある限り』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『忘れてならぬもの』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『言葉の花束』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『泉への招待 真の慰めを求めて』ミニ解説  森下辰衛