『命ある限り』ミニ解説  森下辰衛

1964年7月10日、一千万円懸賞小説に「氷点」が当選。夫や秘書の協力を得て次々と生み出される初期の傑作。初めての歴史小説「細川ガラシャ夫人」に取り組んでゆく1974年8月までの10年の作家の成長を記した自伝。

連載 … 野生時代1995年1月〜12月
出版 … 角川書店1996年4月
現行 … 小学館電子全集

『命ある限り』小学館電子全集

関連記事

  1. 『小さな郵便車』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『難病日記』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『北国日記』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『草のうた』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『井戸』 ― 痛むことのありがたさ  森下辰衛

  6. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。