『ひかりと愛といのち』ミニ解説  森下辰衛

「氷点」以降、難病パーキンソン病との闘いまで三十余年にわたる全年代のエッセイからの拾遺選。初版は文学館開館の年に岩波書店から刊行された。巻頭のエッセイ「『氷点』のこころ」は最も重要な自解の一つ。

出版 … 岩波書店1998年12月
現行 … 小学館電子全集

『ひかりと愛といのち』小学館電子全集

関連記事

  1. 三浦綾子・三浦光世の短歌  ―― 精読「アララギ」土屋文明選  田中綾

  2. 『白き冬日』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『この土の器をも 道ありき 結婚編』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『小さな一歩から』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『母』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『水なき雲』ミニ解説  森下辰衛