『明日をうたう 命ある限り』ミニ解説  森下辰衛

1975年の「天北原野」から1984年「ちいろば先生物語」の取材旅行までの歩み。「海嶺」執筆中の帯状疱疹とその後の直腸癌を通して、死と向き合いながら伝記小説を書く時代の自伝。1997年中断。絶筆となる。

連載 … 野生時代1996年1月〜4月、俳句研究1996年7月〜1997年3月
出版 … 角川書店1999年12月
現行 … 小学館電子全集

『明日をうたう』小学館電子全集

関連記事

  1. 『石ころのうた』ミニ解説  森下辰衛

  2. あいつを殺したのは誰だ! 天人峡で起きたスリル満点の愛憎劇『自我の構図』  難波真実

  3. 『孤独のとなり』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『青い棘』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『塩狩峠』のずばり“核心”に迫るQ&A  難波真実

  6. 『ひかりと愛といのち』ミニ解説  森下辰衛