『遺された言葉』ミニ解説  森下辰衛

「氷点」以来、三浦綾子は新しく単行本が上梓されるたびに、最大の協力者夫光世に愛と感謝をこめて献辞本を贈った。その献辞の言葉の他に、初めて公にされた小説「小説 暗き旅路に迷いしを」ほか、エッセイを併録。

連載 … 致知1996年5月〜1997年5月、ほか
出版 … 講談社2000年9月
現行 … 小学館電子全集

『遺された言葉』小学館電子全集

関連記事

  1. 『旧約聖書入門 光と愛を求めて』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『壁の声』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『人間の原点 苦難を希望に変える言葉』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『夕あり朝あり』が映し出す 日本の近代〈戦争・災害・人権 ……〉  難波真実

  5. 『新しき鍵 結婚について考える』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『塩狩峠』執筆秘話