『まっかなまっかな木』ミニ解説  難波真実

男の子・まあちゃんが、自宅近くの草原に立つりんごの木にたどり着くまでの小さな冒険を描いた物語。数少ない貴重な童話作品だったが、交流があったダウン症の画家・岡本佳子氏が絵をつけ、絵本として出版されたことで、新しい形で世に知られることになった。

初出 … おひさま1975年1月
出版 … 北海道新聞社2002年4月
現行 … 復刻版 北海道新聞社(B5変型判)2018年4月

『まっかなまっかな木』絵本

関連記事

  1. 『天の梯子』ミニ解説  森下辰衛

  2. 永野信夫の成長物語 3つの道(3)信仰への道 弱さとごう慢さを知る

  3. 『明日をうたう 命ある限り』ミニ解説  森下辰衛

  4. 舞台となった塩狩峠 「天塩の国」と「石狩の国」の境  ― 当時は鉄道の難所だった ―  難波真実

  5. 『孤独のとなり』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『あのポプラの上が空』ミニ解説  森下辰衛