『私にとって書くということ』ミニ解説  森下辰衛

短篇「羽音」や「氷点」から「母」までの作品の自解、および芥川、太宰らの文学者論、小説のタイトルや人物の名前、資料調べのことなど、書くことをテーマにした24編のエッセイを収録した拾遺エッセイ集。

出版 … 日本キリスト教団出版局2002年9月
現行 … 日本キリスト教団出版局(四六判)・小学館電子全集

『私にとって書くということ』単行本

『私にとって書くということ』小学館電子全集

関連記事

  1. 『夢幾夜』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『光あるうちに 道ありき 信仰入門編』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『残像』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『小さな郵便車』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『足』ミニ解説  森下辰衛

  6. 舞台となった塩狩峠 「天塩の国」と「石狩の国」の境  ― 当時は鉄道の難所だった ―  難波真実