それにしても、女の命は見目形であろうか

(それにしても、女の命は見目形であろうか)
凞子は、この二、三日思いつづけてきたことを、いままた思った。幼い頃からついこの間まで、愛らしい、美しいと人々にいわれつづけてきた。自分の美しさは、太陽が西から出ぬ限り、いつまでもつづくものと思っていた。が、いまにして凞子は顔の美しさの変りやすさに気づいたのだ。ひどく頼りにならぬものに、頼ってきたような気がする。

三浦綾子『細川ガラシャ夫人』「痘痕(あばた)」

『細川ガラシャ夫人』新潮文庫

『細川ガラシャ夫人』(上)小学館電子全集

『細川ガラシャ夫人』(下)小学館電子全集

関連記事

  1. 三百坪ほどの広い庭は、なだらかに傾斜しつつ、沢の端に至っている。

  2. 恵理子は焼却炉のそばを離れたかったが、燃えつきるまでそばについているように、常々保子からいわれている。

  3. 近づいてきた金井は、小さくクラクションを鳴らした。驚いたように香也子は目を見張り、車から顔を出した金井政夫をみつめた。

  4. 正式に保子と別れてからは、電話はおろか、葉書一枚きたこともない。

  5. むろん、いまの妻扶代の、善意でのびやかな性格もいい。

  6. 金井はいま、思いきって橋宮容一に、章子との交際を求めたばかりなのだ。